1. HOME
  2. お知らせ
  3. 保育園から始まるSDGsへの取り組み 〜動画でご紹介!〜

保育園から始まるSDGsへの取り組み 〜動画でご紹介!〜

神奈川県川崎市にあるレイモンド川崎保育園では、子どもたちといっしょにSDGs活動に取り組んでいます。今回は、そんなSDGs活動を進めるために、園が大切にしている環境づくりや思いについて、職員にインタビューしました。

レイモンド川崎保育園では、さまざまなSDGs活動に取り組んでいます。
お散歩の際に子どもたちといっしょにゴミ拾いを行ったり、幼児クラスではお花屋さんからでたロスフラワーを使って、華道を行っています。さらに、保護者にも対象を広げて、環境にやさしい内容の読みもの「エシカル通信」を玄関前に掲示し、SDGsについて知っていただく工夫も凝らしています。

このようなSDGs活動に取り組めるように、園ではSDGsを身近に感じられる環境づくりを大切にしています。
具体的には、いつでも子どもたちの目に触れられるように、保育環境の中にSDGsの17の目標に関する絵本を取り揃えたり、遊びの中に廃材を取り入れています。
その環境で過ごす子どもたちは、絵本でSDGsを知り、廃材が新しいものに生まれ変わる体験をするからこそ、持続可能な取り組みに興味・関心を持ち、SDGsを自分ごととして捉えることにもつながっていったと思います。

また、保育者たちにもSDGsへ対する意識に変化が見られました。
インタビュー内では、取材した職員自らがアクションを起こしたストーリーをはじめ、未来の子どもたちのために保育園から始めるSDGsへの思いについてもお話しています。

子どもたちがSDGs活動に積極的に取り組む姿や、園内の様子にもぜひご注目ください。


YouTube「レイモンドチャンネル」とは
檸檬会が運営する保育施設や障がい者施設の紹介、そこではたらく職員のインタビューなどがご覧いただけます。2023年、新シリーズ「レイモンドチルドレン〜私たちの保育〜」をスタート。


今回の撮影場所
▶︎レイモンド川崎保育園

レイモンド川崎保育園のインスタグラムでも、SDGsに関する活動を発信中。こちらもぜひチェックしてください。
▶︎@leimond_kawasaki

採用サイト

PAGE TOP