1. HOME
  2. お知らせ
  3. SDGsに取り組む子どもたち。保育園の様子をYouTubeで紹介します

SDGsに取り組む子どもたち。保育園の様子をYouTubeで紹介します

檸檬会が運営する保育施設では、持続可能な社会づくりに向けて、子どもたちといっしょにSDGsについて考え、さまざまな取り組みを行っています。神奈川県川崎市にあるレイモンド川崎保育園でも、子どもたちといっしょにSDGsの活動を積極的に進めています。
今回は私たちが大切にしている保育や実際の取り組みを動画で紹介する「レイモンドチルドレン〜私たちの保育〜」にて、その様子をお伝えしていきます。

レイモンド川崎保育園では、近隣の駅ビル内にある環境に優しい商品を取り扱うセレクトショップ「Ethical&SEA」(エシカルシー)と共同で、「廃材を集めるプロジェクト」を行っています。店舗からでた空き箱やお客様のご自宅からでた廃材を譲っていただきます。子どもたちはその廃材から想像を膨らませ、遊びがさらに広がっていきます。

子どもたちは、この活動のプロセスや廃材あそびから、身の回りや世界で取り組むべき問題を「自分ごと」として捉え、考えたり、話し合う機会を持つことができました。動画内では、子どもたちが店舗で環境問題と向き合う場面や、廃材で遊ぶ様子が映し出されています。

また、この活動を進める上で難しかったことや、これから子どもたちといっしょに取り組むSDGsについて、レイモンド川崎保育園の保育者がインタビューに答えています。
「Ethical&SEA」と廃材を集める「アップサイクルプロジェクト」は、今後も行っていく予定です。ぜひ最後まで動画をご覧ください。


YouTube「レイモンドチャンネル」とは
檸檬会が運営する保育施設や障がい者施設の紹介、そこではたらく職員のインタビューなどがご覧いただけます。2023年、新シリーズ「レイモンドチルドレン〜私たちの保育〜」をスタート。


今回の撮影場所
▶︎レイモンド川崎保育園(神奈川県川崎市)

レイモンド川崎保育園のインスタグラムでも、「Ethical&SEA」との活動を発信中。こちらもぜひご注目ください。
▶︎@leimond_kawasaki

採用サイト

PAGE TOP