1. HOME
  2. 採用情報
  3. 【新園】レイモンド汐見丘保育園

【新園】レイモンド汐見丘保育園

2019年4月にオープンする千葉県千葉市中央区汐見丘町の「レイモンド汐見丘保育園」の園長からメッセージを頂きました。

『園長からのメッセージ』

 保育の世界にデビューをして以来、長い月日が経過しました。生涯発達と申しますように、保育の世界には常に出会いと学びがありました。主体的で対話的な学びの大切さが伝えられておりますが、日々の保育が感動の連続となるよう、小さな出来事と大切に向き合い、感動を皆さんと共有できるそんな保育者でありたいと思います。

 レイモンド汐見丘保育園は、訪れた方々の心身の疲れを和らげ、くつろげる居場所となるために、笑顔あふれる温かな環境を皆で追及していきたいと考えます。そして子どもたちと小さな種をそっと植えて、共に成長し続ける保育園へと育てていきたいと思います。
 レイモンド汐見丘保育園を開園するにあたり、みなさまに伝えたい想いが7つあります。


【 保育への7つの想い 】

1.はじめの一歩は笑顔で
2.ちいさな種から輝く未来へ
3.一人ひとりの何故に寄り添う
4.個も集団も
5.柔軟な心
6.和やかな居場所
7.自分を信じて仲間を信じて

1.はじめの一歩は笑顔で

保育士に欠かせないスキルの一つとして笑顔があります。
笑顔が輝くとき、そこには柔らかな時間が流れます。
子ども達、保護者の皆様、地域の皆様、保育者同士に心からの笑顔で挨拶をしましょう。
そして、大切なコミュニケーションのはじめの一歩を笑顔で迎えましょう。

2.小さな種から輝く未来へ

レイモンド汐見丘保育園に小さな種を植えましょう。
そして子どもたちの心に小さな種を蒔きましょう。
小さな種をそっと蒔いたら、ゆったりと見守りましょう。
子どもたち、そして保育園の成長に夢と希望と見通しを持って、私たち保育者は、ある時は土になり、ある時は肥料になり、ある時は水になり、また、ある時はお日様になり、風になりそしてその先にある子ども達の輝く未来を夢と希望を抱きながら見守りましょう。

3.一人ひとりの何故に寄り添う

子どもの行動には全て意味があります。
その行動の何故を考え、子どもの内面にある想いを受け留めましょう。

何故の応えは子ども達がプレゼントしてくれます。
また、保護者の方々にも保育者にも、それぞれの想いがあります。
思いやりを忘れず、互いの思いに寄り添うことで自然に道は開ける事でしょう。

4.個も集団も

個の育ちも集団の育ちも主体的な学びが大切です。
丁寧に関わりを深め、個も集団も互いに成長できる環境を私たち保育者は考え、作り続けましょう。

5.柔軟な心

私たちを取り巻く環境は常に変化をしています。
その変化を受け留め、対応できる広い視野と柔軟な心を持ちましょう。
心に余裕が出来ると世界が違って見える事でしょう。

6.和かな居場所

子ども達、保護者、地域の方々、そして私たち保育者にとってレイモンド汐見丘保育園が和やかで温かな居場所となるように一つひとつ心を込めて積み重ね、一緒に居場所を築いて行きましょう。

7.自分を信じて仲間を信じて

人生は楽しい。喜びも悲しみもハプニングもいろいろあるからまた楽しい。
自分を信じて、仲間を信じてしっかりした足取りで歩んで参りましょう。

 この「保育への7つの想い」を通して、子ども自身の力で成長して行くその姿から、私たち保育者も共に遊び、共に学び、共に感動し、共に成長し、子どもたちから夢や幸せをたくさん分けて貰いましょう。
わくわく・ドキドキの日々を通し、たくさんの夢や願いを形にする夢いっぱいの保育園となりますように

花島 慶子

【関連記事】
レイモンド汐見丘保育園

PAGE TOP