1. HOME
  2. 採用情報
  3. とある言葉が忘れられない

とある言葉が忘れられない

「大人が楽しいと、子どもはうれしい」
とある児童館の方の言葉が忘れられません。

本気になったり、本物に出会う楽しさは子どもにも大人にも共通で、対等の立場になることができます。大人が新しい価値観に出会うことで、子どもとの関係もより良く変化していきます。

大人が楽しく保育をする。それが子どもにも嬉しく、楽しいのです。しかし、大人にとって新しい価値観に出会う機会はそう多くはありません。

そこで、レイモンド元住吉保育園の皆さんはこんな園内研修を企画しました。
「大人のボディペインティング」!
今回はその一部始終をご紹介します。



準備したのは、絵の具とボディソープ。それから絵筆です。

しっかりと部屋の養生を施して、絵の具とボディソープを混ぜたら準備完了です。(ボディソープを混ぜるのは、あとで落としやすいからです。魔法みたいにするりと落ちますよ。お試しあれ!)



初めは紙に絵を描いたりして抑え気味のみなさん。あれれ?みなさん、ボディペインティングですよ……?



おそるおそる腕に塗ってみます。そうそう。もっといってみましょう!



きゃー!と悲鳴をあげるもこの笑顔。いいですね!



園長先生にもおかまいなし。





おにごっこが始まりました!絵の具を持って追いかけ回す先生と悲鳴をあげながら逃げ回る先生。ここから一気にヒートアップ!





お顔もカラフルになってきましたよ!





お互いの顔を指差しながら大爆笑。



こんな感じで気がつけば1時間以上も遊びっぱなし。
なんにも考えずに絵の具を持って、人と人とが関わる機会なんて、なかなかありませんよね。



最後はみんなで円陣を組んで、研修を終えました。終始、笑顔と笑い声が絶えない素敵な時間でしたよ。

研修を終え先生方に感想を聞いてみました。「顔まで汚れるなんて想像していませんでした…」「こんなに汚れたの人生で初めてです」と驚きつつも、「初めは汚れることに抵抗があったのですが、汚れるってこんなに楽しいんだ!と気づきました。子どもたちにも全身を使ってダイナミックに遊んで欲しい」と、体験したことで発見があったようです。
心から夢中になれ、本当に楽しかった。今度は子どもと一緒にやりたい」とみなさん口を揃えておっしゃっていました。

最後に。下に敷いていた紙がこんなにアーティスティックになっていました。みんなの思い出が詰まった一枚です。

レイモンド元住吉保育園の次の活動も楽しみです。職員の皆さん、ありがとうございました!

記事を書いた人 : 広報企画室 柄澤 菜月


#レイモンド元住吉保育園 #関東 #職員 #園内研修 #アート

<レイモンド元住吉保育園>
〒 211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町2-24
■ウェブサイトはこちらから

PAGE TOP