法人理念

子育てによろこびを
社会に新しい風を
笑顔あふれる子どもが住む 未来の地球のために

理念について

子育てによろこびを

 親や家族だけでなく保育者も含め、子どもを取りまく全員が子育てに喜びを持てる社会を目指す。
 

社会に新しい風を

 前例に捉われる事なく、社会に新しい価値を生み出したり、見つめていく姿勢を持ち続けたい。
 

笑顔あふれる子どもが住む 未来の地球のために

 子どもの笑顔が広がれば明るい未来につながっていきます。そのために目の前の子どもはもちろん、目の前にいない子どもたちや、未来の子どもたちの事も考え行動すること。それは自分たちが立っている地球全体のこと。広い視野での社会貢献と考えます。 
 
 

理念に込めた思い

 今の社会は、価値観の多様化、グローバル化、ライフスタイルの変化、社会的問題の増加など大きなうねりの中にあります。こうした中、明るい未来を築くには「教育」が非常に重要なキーワードになります。
 だから私たちは人を育てる。そしてそこに携わる人々の支援をする。とりわけ乳幼児期という最も大切な時期に始まり、生涯にわたっての支援を行う。これが私たち社会福祉法人檸檬会にできる事であり、しなければならない事だと思っています。
 

理事長 前田 効多郎 

 

 

スローガン

 

なんだろうのその先へ

子どもの遊びが深まる時
そこにあるのは探究心
探究心は子どもが世界とつながる扉
「なんだろう」の向こうにはどんな世界があるんだろう
開けて 踏み出し 進んでいける
私たちはなんだろうのその先へ
導く存在でありたい

 檸檬会の教育・保育の特徴は?と問われれば、私は「保育に愚直で誠実」であることと答えます。 見栄えのいいことや奇抜なことを求めるのではなく、「当たり前のことを当たり前に」行いたいということです。
 「当たり前」というのは、教育・保育で大切なことを追い求めるということであり、 それはつまり、遊びを豊かにするということです。 なぜならば、乳幼児期の子どもは、まさに「遊び」を通して学んでいくからです。しかし、ただ単に遊んでいればいいわけではありません。子どもが「探求心」を持って遊ぶときこそ、熱中し、発見し、新たな力を身に付けていくのです。だからこそ、檸檬会の教育・保育は「なんだろうのその先へ」なのです。「当たり前のことを当たり前に」行うための土台づくりとして、乳児の育児担当保育、美しい環境づくり、コーナー保育環境を進め、つながる保育を大切にしています。
 
 私たちは保育に愚直で誠実であることを、これからも大切にしていきたいと思っています。
 

統括園長/事務局長 青木 一永  修士(教育学) 

 
 

 

保育理念
 

3つの心

保育を通して実現したい事

 3つあるこの心は、一つひとつが単独で成り立つのではなく、3つの心が絡み合ったり、重なったりしている必要があります。だから3つともの心、保育理念を大切にしていく事、これが法人理念へつながっていく事となります。

保育哲学
 

基本的価値観

そして保育の質

 どのような価値観・保育観を持つかで保育が大きく変わります。同じ方向に向かって保育を進めるためには、まず檸檬会としての価値観・保育観を示し、全職員で共有していく必要があるのです。