◆2017年6月28日
さなぎから・・・あげはちょうが

りすぐみで かっていたあげはちょうの幼虫がさなぎになって 2週間目に あげはちょうになりました。さなぎから出てきて はねをかわかす様子をじーと見守る子ども達 羽をパタパタしはじめたので 「もうお外に逃がしてあげようと」らいおんぐみさんが 代表で逃がしに行ってくれました。飛び立つまでに時間はかかったのですが「がんばれー」と一生懸命に応援している姿が見られ「ぼくたちのことわすれないでね」と琵琶湖の向こうにとんで行くちょうに見えなくなるまで手を振っていた子どもたちでした。ちなみにあげはは、春夏秋冬の季節で 羽の模様がかわるようです。とてもおしゃれななみあげはちょうでした。


 



やすのおっさんがんばれー・・・琵琶湖行脚7周め

やすの おっさんが 7月1日ゴールに向けて頑張って琵琶湖行脚7周めをがんばっています。淡海保育園の前も歩いていたので みんなで「がんばれーやすのおっさん」としばしの時間を一緒に過ごさせて頂きました。こつこつと努力されていること、いつも最後まであきらめないで頑張っている姿に勇気をもらいます。「ありがとうございます」こどもたちもやすのおっさんが大好きです。おっさんがんばれーまた遊びに来てくださいね。




6月のお茶

6月のお茶の時間 前回おそわったことのおさらいをしました。「おかしをちょうだいいたします」「おさきに頂きます」「ありがとうございます 」みんなちゃんと覚えていて、しっかりできていたので 先生にほめて頂きました。心をこめる・気持ちが伝わるということは、難しいこともありますが、相手のことを大切に思う気持ちを忘れなければ、きっと伝わるはずだと信じています。みんなも 自分も相手も大切に思える人であって欲しいと願っています。



色水で遊んだよ・・ 

異年齢で色水遊びとかんてん遊びをして 感触や色の変化を楽しんでいます。大きいお兄さんお姉さんは 小さい子に 「こうやって遊ぶんだよ」と教えたり 先生に紙をもらって 色を映してみたり 「なんでだろう」興味津々 目がきらりと輝いていた子どもたちです。



雨のしずくでお絵かき

かっぱを着て 長靴をはいて外へ出てみる、以前絵の具で描いていた画用紙を 「雨のしずくでぬらしてみるとどうなるんだろう?」「いろがとれちゃうのかな?」「手で伸ばしてみてもおもしろいね」「お友だちの画用紙とくっつけてみたら 色がうつるかな?」

色々な発見や発想が生まれたちょっと変わったお絵かきでしたが、こども達は雨を楽しんでいました。



 
〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦2-1メルシー瀬田1F
TEL:077-572-6762 FAX:077-572-6763  
[MAP地図]
メールはこちらから
 

コメントは停止中です。