1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【利用者の声を聞く】VOICEプロジェクト

【利用者の声を聞く】VOICEプロジェクト

 檸檬会では、保育園利用者の「声」を施設運営に積極的に活かすために「VOICEプロジェクト」を実施しています。

 普段は保護者の皆様と接点の少ない本部職員が系列の保育園を巡回し、希望のあった保護者の皆様と対話の時間を設け、園運営・法人運営への「声」を聞かせていただいています。

 今回は、愛知県尾張旭市あるレイモンド庄中保育園で行われた「VOICEプロジェクト」の様子をレポートします。

 当日は檸檬会本部から副理事長他2名、園からは園長・主任他6名、在園児の保護者6名、卒園児の保護者4名にご参加いただきました。まずは自己紹介を兼ねて、保護者の皆様からお子様のご家庭での様子、小学校に進級されてからの様子などをお聞かせいただきました。その中で多くの皆様から、保育園の運営方針への賛同の声と、現場の保育者への感謝の気持ちをいただき、参加した職員にとっては、何よりのご褒美になったと思います。

 その後の質疑応答では「保護者も園の運営をもっとサポートしたいが、どういった方法が良いのか?」「保育者の待遇を良くするために私たちにできることはないか?」「レイモンドで育った子どもの感性を潰さないようの檸檬会で小学校を作って欲しい!」など、建設的で心温まるエールをいただき、檸檬会職員は目頭を熱くする場面もしばしば。日頃から現場の職員が、丁寧に子どもや保護者と接している結果なのだと思います。14時から始まった「VOICEプロジェクト」は笑顔と優しい空気に包まれながら16時に終了しました。

 今回のような「声」ばかりでは無く、厳しいご批判の声もあるかと思いますが、それらも含めて真摯に受け止めながら、より良い園運営・法人運営を目指して、このプロジェクトを今後も進めていきたいと思います。

【関連記事】
レイモンド庄中保育園

PAGE TOP