1. HOME
  2. プレスリリース

「SDGsを保育・⼦育ての視点からみつめる」無料セミナー!5歳 児が考える「災害と防災」(11⽉20⽇開催)


レイモンド保育園などを運営している社会福祉法人 檸檬会(れもんかい/法人本部:和歌山県紀の川市 理事長:前田効多郎)が、「SDGsと保育・子育てのつながり」をテーマとした無料オンラインセミナーを2021年11月20日(土)13:30より開催します。

SDGsとは、持続可能な未来に向けて国連加盟193ヶ国が2030年までに実現を目指す17の目標のことですが、その中には「質の高い教育」も含まれます。このSDGsを実現する上で、実は保育・子育てが大きなカギを握っています。なぜなら、持続可能な未来は今の大人だけでは実現できず、将来大人になる今の子どもたちが、持続可能な考え方や行動が出来るようになるからこそ実現に近づくからです。

しかし、実際問題として「SDGsと保育・子育てのつながりが分かりにくい」という状況があります。

そこで社会福祉法人 檸檬会では、定期的にSDGsに関するセミナーを開催し、法人が運営する保育施設での実践事例を通して、乳幼児期に関わる大人が「SDGsと保育・子育てのつながり」について考える場を提供します。

2回目となる今回は、レイモンドこども園(和歌山県)の5歳児クラスでの活動を紹介します。台風被害のニュースを見た子どもたちが、「災害」について話し始めたことをきっかけに、友だちや保育者と対話を重ねるなかで、たくさんの気付きが生まれ、さまざまな探究へとつながっていきます。

本セミナーでは、保育・子育てにおけるSDGsへの取り組みが、単なる環境教育ではなく、身の回りのことを自分ごと化していくプロセスが大切だということを、副理事長で教育学博士でもある青木一永と、保育教諭が、わかりやすく一緒に学んでいただける内容でお送りします。

【対象】
保育者、保育学生、未就学児の保護者の方

【内容】
「SDGsと保育・子育てがどうつながっているのか、変わる必要があるのか?」
檸檬会が行なっている“つながる保育”の実践事例から考える

【開催スケジュール】
2021年11月20日(土)13:30~15:00

13:30‐13:35 開会 あいさつ
13:35‐14:15 「幼児期のSDGsは何をするかじゃないらしい!」(青木)
14:15‐14:40 「防災について」(田中)
14:40‐14:45 実践事例の解説 (青木)
14:45‐14:55 質疑応答(チャット)
14:55‐15:00 閉会

【参加費用】
無料

【参加方法】
オンライン配信(Zoomウェビナー )

主催者側だけが表示されます。他の参加者や主催者に顔や声を共有されることはありませんが、事前登録が必要です。

【お申し込み】
https://lemon02sdgs.peatix.com/

 

【登壇者】

青木一永(Aoki Kazunaga)
社会福祉法人檸檬会 副理事長/博士(教育学)
大阪総合保育大学 非常勤講師

れもん保育園(現:レイモンドこども園)園長を務めたのち現職。
園長時代に大学院に通い始め、2019年博士学位取得。
現在は、副理事長として全国約70施設の運営や職員育成を行うほか、大学非常勤講師として学生指導や講演活動、海外の保育者の育成を行い、理論と実践の架け橋を目指している。
2015年日本乳幼児教育学会新人賞受賞。


田中 智美(Tanaka Tomomi)
レイモンドこども園(和歌山県紀の川市) 保育教諭
5歳児クラスの話し合いの中で、台風の災害ニュースについての発言から始まった事例をもとに、子どもたちと考える「防災」についてお話します。

 

【この件に関するお問い合わせ】
社会福祉法人 檸檬会 広報企画室
法人本部:和歌山県紀の川市古和田240
電話:0736-79-7313 メール:pr@lemonkai.or.jp

【保育業界を応援】無料公開セミナー開催 「医師が教える!保育園・こども園における新型コロナウイル ス感染症対策」2021 年10 月9 日(土)10 時~


「保育施設における新型コロナウイルス感染症対策」をテーマとした無料公開オンラインセミナーを2021 年10 月9 日(土)10 時より開催します。

複数の変異株による新型コロナウイルス感染拡大はとどまるところを知らず、第5波の特徴として子どもへの感染率の高さが見受けられ、都市部を中心に、保育施設でのクラスター感染、そして休園が相次いでいます。

そんな中、私たち保育従事者は、不安を抱えながらも日々、目の前の子どもの育ちを支えています。そこで、少しでも保育施設での感染防止に役立つ情報を届け、すべての保育者の負担を軽減できればと思い、この無料公開セミナーを企画いたしました。

本セミナーでは、医療法人おひさま会 荒 隆紀(あら たかのり)医師をゲスト講師に迎え、専門家の観点から新型コロナウイルスの特徴や感染経路、さらに保育施設における感染防止に役立つ具体的な対策を教えていただきます。

<対象>
保育施設に勤務している方・保育士を目指している学生の方

<内容>
保育園・こども園における新型コロナウイルス感染症対策~こども達と子育て支援のために大切なこと~

<日時>
2021 年10 月9 日(土)10:00~11:30

<費用>
無料

<参加方法>
オンライン配信(Zoom ウェビナー ※1)

※1…Zoomウェビナーとは
・主催者側だけが表示されます。他の参加者はもちろん主催者にも、参加者の顔や声を共有されることはありません。
・事前登録が必要です。

<お申し込み>
▶︎ https://lemon-event.peatix.com/

【この件に関するお問い合わせ】
社会福祉法人 檸檬会 広報企画室
法人本部:和歌山県紀の川市古和田240
電話:0736-79-7313 メール:pr@lemonkai.or.jp

「SDGsを保育・子育ての視点からみつめる」無料オンラインセミナー開催!8月7日(土)10時〜


レイモンド保育園などを運営している社会福祉法人 檸檬会(れもんかい/法人本部:和歌山県紀の川市 理事長:前田効多郎)が、「SDGsと保育・子育てのつながり」をテーマとした無料オンラインセミナーを8月7日(土)10時より開催します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは、持続可能な未来に向けて国連加盟193か国が2030年までに達成するために掲げた目標です。17の目標が設定されており、その中には「質の高い教育」も含まれています。

実は、関係なさそうに思われる保育・子育ては、SDGsの根幹とも言えるのです。
なぜなら、持続可能な未来は大人だけでは実現できず、将来大人になる今の子どもたちにこそ伝えていかなければならないからです。しかし実際問題として「保育・子育てとSDGsとのつながりが分かりにくい…」という人が多いという状況があります。

そこで本セミナーでは、レイモンドあしびなー保育園(沖縄県那覇市)での実践事例をご紹介しながら、乳幼児期に関わる大人が「SDGsと保育・子育てのつながり」を意識できる場にしたいと思っています。

法人の副理事長で教育学博士でもある青木一永と、保育士が登壇し、保育・子育てにつながるSDGsの考え方をわかりやすく、楽しく学べる内容でお送りします。

<対象>
保育者、保育学生、未就学児の保護者の方

<内容>
「SDGsと保育・子育てがどうつながっているのか、変わる必要があるのか?」
檸檬会が行なっている“つながる保育”の実践事例から考える

<日時>
2021年8月7日(土)10:00~11:30

10:00‐10:05 開会 あいさつ
10:05‐10:45 「幼児期のSDGsは何をするかじゃないらしい!」(青木一永)
10:45‐11:10 「10名のまなびんちゅ ~主体的に生きる子ども達の姿~」(安達麻菜)
11:10‐11:15 実践事例の解説 (青木一永)
11:15‐11:25 質疑応答(チャットにていただいた質問にお答えします)
11:25‐11:30 閉会

<費用>
無料

<参加方法>
オンライン配信(Zoom ウェビナー ※1)

※1…Zoomウェビナーとは
・主催者側だけが表示されます。他の参加者はもちろん主催者にも、参加者の顔や声を共有されることはありません。
・事前登録が必要です。

<お申し込み>
▶︎ http://ptix.at/vCWire

<登壇者>

青木一永(Kazunaga Aoki)
社会福祉法人檸檬会 副理事長/博士(教育学)
大阪総合保育大学 非常勤講師

れもん保育園(現:レイモンドこども園)園長を務めたのち現職。
園長時代に大学院に通い始め、2019年博士学位取得。
現在は、副理事長として全国約70施設の運営や職員育成を行うほか、大学非常勤講師として学生指導や講演活動、海外の保育者の育成を行い、理論と実践の架け橋を目指している。
2015年日本乳幼児教育学会新人賞受賞。


安達麻菜(Mana Adachi)
レイモンドあしびなー保育園 保育士

沖縄県那覇市にあるレイモンドあしびなー保育園で保育士として勤務。
昨年度は3・4歳児クラスを担当し、子どもたちの遊びの中から生まれた気づきと活動へのつながりや、成長の記録をお話しします。

▶︎ レイモンドあしびなー保育園

【この件に関するお問い合わせ】
社会福祉法人 檸檬会 広報企画室
法人本部:和歌山県紀の川市古和田240
電話:0736-79-7313 メール:pr@lemonkai.or.jp

山村学園短期大学の学生とZoomを使って交流します。

坂戸保育園の園児

大学生と保育園児の総勢33名がZoomを介してマグネットシアターや手遊びで遊ぶ、実習ともボランティアとも違う、新しい保育に取り組みます。

この度、学校法人山村学園が運営する山村学園短期大学の学生と社会福祉法人檸檬会(本部:和歌山県紀の川市)が運営するレイモンド坂戸保育園の幼児クラスの子どもたちがビデオ会議システムZoomを使って、お互いに出し物を披露したり、質問し合う交流イベントを開催することとなりました。

イベントの日程

2021年6月8日(火)
場所:レイモンド坂戸保育園 5歳児クラス保育室
   山村学園短期大学 203教室
時間:10:00~11:00(その内30分程度)
内容:レイモンド坂戸保育園の5歳児(そら組)と学生の交流

2021年6月15日(火)
場所:レイモンド坂戸保育園 4歳児クラス保育室
   山村学園短期大学 203教室
時間:10:00~11:00(その内30分程度)
内容:レイモンド坂戸保育園の4歳児(にじ組)と学生の交流

【本件に関するお問合せ先】
レイモンド坂戸保育園
園長(栁田):TEL.049-298-6206

社会福祉法人 檸檬会 広報企画室
法人本部(黒沼):TEL.0736-79-7313
Email:pr@lemonkai.or.jp

ソニー幼児教育支援プログラム「科学する心を育てる」で、レイモンド保育園3園が入選いたしました。

 社会福祉法人 檸檬会(法人本部:和歌山県紀の川市、理事長:前田効多郎)が運営する3園の取り組みをまとめた論文が、公益財団法人ソニー教育財団が主催する幼児教育支援プログラム「科学する心を育てる」において入選いたしました。(応募総数:136件)

優秀園:レイモンド新三郷保育園(埼玉県三郷市)
    「雨の水って飲めるの?ー問いからひろがる子どもたちの興味と学びー」

優良園:レイモンド川崎保育園(神奈川県川崎市)
    「科学に携わる子どもとその周りにいる大人の成長」

奨励園:レイモンド汐見丘保育園(千葉県千葉市)
    「音を感じて、育む心」

 このプログラムはテーマ「科学する心を育てる」に対し、幼稚園・保育園・こども園での取り組みをまとめた論文を提出し、入選した園は教育助成支援が受けられるというものです。

 今回、優秀園に選出されたレイモンド新三郷保育園は「雨の水って飲めるの?ー問いからひろがる子どもたちの興味と学びー」と題し、子どもたちが梅雨の時期に雨について興味を持ったことをきっかけに、保育者が子どもたちとの対話や実験を繰り返し、保育園での遊びが学びにつながっていく様子を論文にまとめました。
論文(PDF 1.9MB):https://www.lemonkai.or.jp/mg/wp-content/uploads/2021/01/2020_pre_a_shinmisato.pdf

 当法人では、このコロナ下であっても子どもの育ちを保証するために、さまざまな経験ができる環境が用意できるように尽力しております。これからも「なんだろうのその先へ」を合言葉に、子どもの主体性を大切に、遊びの中にある興味・関心を通して、探究心を育んでいく保育を実践して参ります。

<参考>
公益財団法人ソニー教育財団 幼児教育支援プログラム「科学する心を育てる」
https://www.sony-ef.or.jp/program/preschool.html

【お問い合わせ】
社会福祉法人 檸檬会 広報企画室(黒沼)
法人本部:和歌山県紀の川市古和田240
電話:0736-79-7313 メール:pr@lemonkai.or.jp

高校生が育てた世界基準のお米を保育園の給食に。子どもが主役の新しい食育を実践。

みらいかいぎ with 高校生の様子

この度、社会福祉法人檸檬会(本部:和歌山県紀の川市)では国際基準の安全管理を評価される農業認証(グローバルGAP)を取得して生産する、五所川原農林高等学校(青森県五所川原市)の「五農米」を、東洋ライス株式会社(本社:和歌山県和歌山市)が開発した精米製法によって「金芽米(※1)」に加工し、全国58施設の保育園・こども園の給食で使うこととなりました。
※1 金芽米とは…栄養成分と旨み成分が多い「亜糊粉層(あこふんそう)」と胚芽の基底部である「金芽」を残す精米方法によって栄養と美味しさの両立を実現した健康志向のお米

さらに、この「五農米」の給食採用がきっかけとなり、新たな食育についての取り組みとして、2020年11月16日(月)に園児とお米の生産者である高校生がオンラインで接続し、環境や持続可能な社会(SDGs)を考える「みらいかいぎ with 高校生」と称した対話イベントを行いました。

高校生による米作りの紹介

今年度レイモンドこども園では、CCDプロジェクト(※2)の一環として、5歳児を中心とした幼児クラスが米作りに挑戦するという取り組みを行いました。しかし稲穂の中にお米が詰まってなかったり、黒ずんでいるお米が見受けられたりと、収量の少ない年となりました。

檸檬会の園児による米作りの記録

この米作りの中で生じた数々の疑問を、今回のオンライン交流で、5歳児が「五農米」を生産した高校生に投げかけました。高校生との対話により、一層子どもたちの探究心はくすぐられ深い学びへと導かれていったのではないでしょうか。そして5歳児たちが次の年長児へと継承する取り組みへと発展していく。そのように檸檬会では、保育が豊かになるようにデザインしています。
※2 CCDプロジェクトとは…CCDプロジェクトとは、モノや人、自身との対話によって世界を広げていく子どもに対し、アート、デザイン、表現、コミュニティと接点を持つ環境をデザインし、子どもの探究的な学びや表現を広め深めるプロジェクト。

このイベントを通じて幼児や高校生といった子どもたち自身が、自分たちの未来を描いていくことにつながることを願っています。このように子どもが中心の社会となるよう、私たち社会福祉法人檸檬会は地域一丸となって応援していきたいと考えています。

【本件に関するお問合せ先】
社会福祉法人 檸檬会 広報企画室
法人本部(黒沼):TEL.0736-79-7313
Email:pr@lemonkai.or.jp

業務効率化による保育の質向上のために「Amazonビジネス」を導入、業界初の試みとしてウェビナーに登壇しました。

Amazonビジネスセミナーの様子

 この度、社会福祉法人 檸檬会では、業務効率化による保育の質向上のために「Amazonビジネス」を導入しました。
 園長や主任といった管理職が物品購入や精算にかける業務を軽減できれば、職員一人ひとりと向き合う時間が増え、働きやすい環境づくりができる、また抑えた費用を園の環境整備に使うことができ、結果として子どもたちの保育の質向上につながっていきます。
 こうした新たなサービスを活用することで、良いサイクルが保育現場に生まれると考え、業界の先駆けとして当法人から保育・教育の現場に導入した次第です。

 そのような背景で導入したサービスの実践事例を、2020年9月9日に大手160社が参加するウェビナー「Amazonビジネスで実現する介護・保育業界における購買のデジタル化」に登壇し、保育業界初の試みとして発表する機会を頂戴しました。
 実際に導入してみて現場にどのような変化が起こったのか、どのように活用されているのかなど、具体例をあげながら説明をいたしました。

 私たち保育業界は社会インフラの一端を担っているからこそ、コロナ禍でも可能な限り子どもの安心安全を確保しながら保育園の運営を続けてまいりました。
 しかし重要な役割を担うその一方で、一般企業に比べると保育業界の待遇が低い水準であることからも、新型コロナウイルス感染拡大が続けば保育士を目指す人が減ってしまうのではないかと危惧しています。

 当法人はこの状況下で日本の初期教育を支えるために、まずは檸檬会から「変革しなければならない」というミッションを掲げております。
 そのために、必要であれば変化を恐れずに新たなシステムを導入したり、前例のない取り組みにもチャレンジし、その成果が業界全体の変革につながることを願っています。これからも保育現場に優秀な人材が集まるよう力を尽くして参ります。

▼問い合わせ先
社会福祉法人 檸檬会
Email:pr@lemonkai.or.jp

会社概要
※2020年4月現在
法人名:社会福祉法人 檸檬会(れもんかい)
代表者:理事長 前田 効多郎
法人本部:和歌山県紀の川市古和田240
設立:2007年2月
職員数:約1300人
事業内容:保育施設運営(認定こども園、認可保育園、認可小規模保育事業、公立保育園)、プリスクール運営、放課後児童クラブ事業、就労移行支援事業
URL:https://www.lemonkai.or.jp

『日本教育工学会 論文誌』に副理事長 青木一永の論文が掲載されました。

『日本教育工学会 論文誌』に、副理事長 青木一永の論文が掲載されました。
「中国深圳市における公立幼稚園でのICT導入の現状」というテーマで、幼児教育へのICT導入の可能性を、中国・深圳市の公立幼稚園を視察し報告しています。

ハイテク産業都市である深圳市の公立幼稚園では、子どもはウェアラブル端末で情報が把握され、AIロボットの活用やプログラミング教育も盛んです。つまり、運営の効率化だけではなく、教育面にもICTが積極的に導入されているという実態があります。しかし導入されてから日が浅く、まだ効果検証は得られていないという実情もあります。

青木は、幼児教育へのICT導入によるメリット・デメリットを、教育面、保育者の業務効率化、倫理的課題などを多角的な視点で考察しています。他国に比べてICT導入が遅れているとされる日本で、教育活動の充実と発展につながる可能性の模索の重要性を説いています。

掲載記事はこちら (PDF:3MB)

【お問い合わせ】
社会福祉法人 檸檬会 広報企画室
Email: pr@lemonkai.or.jp

5月8日を「いのち・安全の日」として、子どもの安全向上に努めてまいります。

2019年5月8日、当法人が運営するレイモンド淡海保育園(大津市)の園児の散歩中に発生した交通事故から今月で一年が経とうとしております。ご遺族の皆様に心より哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われたすべての方々にお見舞い申し上げます。

事故以来、レイモンド淡海保育園はたくさんの方々に支えていただき、今日もたくさんの子どもたちの笑顔が溢れています。しかしながら、あの事故により二つの尊い命が失われたことや、多くの子どもたちや保護者・職員・関係者の方々が心身の傷を受けた事実を消すことはできません。
こうした中、私たちにできることは、亡くなった命や事故のことを決して忘れず風化させないことだと思っています。そのため檸檬会では5月8日を「いのち・安全の日」と定め、運営するすべての保育園等において、毎年散歩コースの安全点検を一斉に行う事と致しました。また、5月を救急訓練月間とし、全園において園外での怪我等を想定した初動訓練を実施致します(※)。
また、すべてのドライバーの皆様におかれましては、あのような悲しい事故を二度と起こさないためにも、細心の注意を払って安全運転に努めていただきますことを心よりお願い申し上げます。
なお、お亡くなりになったお子様のご家族からの切なるご要望を尊重し、子どもたちや保護者の皆様、関係者の皆様にご参加いただく行事は執り行いません。報道関係者各位におかれましては、ご遺族や保護者、保育園への取材、撮影等は自粛下さいますよう強くお願い申し上げます。

社会福祉法人 檸檬会 理事長 前田 効多郎

【問い合わせ窓口】
社会福祉法人 檸檬会 法人本部
Tel. 0736-79-7313

※本年度にあたっては新型コロナウイルス感染症の終息状況次第で延期となる可能性がございます。

「ぴいる2020年春号」発行のお知らせ

「保育の価値」を可視化し、保護者、保育現場の先生、研究者、そしてこれから保育士を目指そうとしている方へ、誰もが「子育てに喜びを」感じられる社会の実現に貢献することを目的とした情報誌「ぴいる」の2020年春号を4月1日に発行いたしました。

今回の巻頭ページは、今、注目されているイエナプラン教育の第一人者であるリヒテルズ直子さんへのスペシャルインタビューです。そして中国深圳に開園予定の「日本式」保育園ができるまでを取材。さらに園探訪では、公立保育園からの民間移管によって開園して3年目のレイモンド小牧保育園を取り上げています。巻末にはマリーニ*モンティーニさんによる「ほいくえんのひとこま」も。

「ぴいる」は一年に一回発行しており、1冊800円(税込み、送料別)で販売しております。ご興味のある方は問い合わせ先までご連絡ください。または下記フォームよりご注文ください。宜しくお願いします。

▼問い合わせ先
社会福祉法人檸檬会 広報企画室
Email pr@lemonkai.or.jp

▼注文フォーム
https://forms.gle/VPDwrxmzTJTDLXKz8

【イベント延期のお詫びとお知らせ(P16〜P19)】
2020年4月19日(日)「保育の日(フォー・イク)」にオンライン配信を予定しておりましたHED2020プレゼンテーションイベント(https://hed.jp)

P16からP19に掲載のイベントに関し、この度の新型コロナウィルス感染拡大を防止する中、イベントの開催を延期させていただくことに致しました。楽しみにしてくださっていた皆様にはたいへん申し訳ございません。
イベントの延期開催日につきましても、コロナウィルス感染症に関する最新の情勢を鑑みながら慎重に判断し、ご案内させていただきます。何卒、ご理解の程よろしくお願いいたします。

採用サイト

PAGE TOP