1. HOME
  2. 採用情報
  3. 2021年度 新卒職員研修「ウェルカムキャンプ」開催レポート

2021年度 新卒職員研修「ウェルカムキャンプ」開催レポート

今年は48人の新卒入職の職員(キャスト)と共に、二日間の実施となりました。
昨年同様オンライン開催となりましたが、さらにパワーアップした「ウェルカムキャンプ2021」をレポート!

「本当に初めはどうなることかと不安との葛藤でした。」と話すのは企画運営を手がけた人事企画部。新卒キャストはZoomに続々と入室し緊張が高まる中、人事部キャストの期待と不安が伝わってきます。

まずはお互いをよく知ろうと言う事で、理事長の前田と新卒キャストの自己紹介タイム。「保育以外の質問をしてみて!」とユーモアに溢れた理事長前田のトークに新卒キャストも少し緊張がほぐれた様子。

 

続いて、副理事長の青木から檸檬会の理念ブックを使ったバイブル・タクティクス研修が行われ、例えば「子どもも大人も主体的」と言った檸檬会が大切にしている保育についてグループワークをしました。

それぞれのディスカッションをのぞくと、「そんな観点があるんだ。」「切り拓くって?」など捉え方もさまざま。すでに主体性を持って意見を発表している姿がそこにありました。

後半は、この4月から社会人1年生になると言うことで、本部長の森から「社会人になるみなさんへ」というメッセージを熱く語っていただきました。「学生と社会人の違いは?」というテロップに「みなさんは、4月1日からプロになります」と一言。責任持って現場に立つイメージを持つことで、その場は良い緊張感に包まれていきました。

「凸凹は個性。不得意なことをマイナスではなく個性と捉えて。」といった表現で伝え、さらに「自分が幸せであることを大切に仕事をすれば幸せを与える人になれる」と、これから出会うさまざまなことを乗り越えていくための力強いメッセージが送られました。新卒キャストだけでなく、その場にいたキャスト全員が胸に手をあて問いただした意義のある時間となりました。

続いて、二日目はど真ん中、プロの保育者としてのスタート地点に立つ研修が盛り沢山!

保育安全部課長の湯川のワークセッションでは、保育指針など少し難しい話にも、新卒キャストは真剣な眼差しでこまめにノートへ書き込む姿が見受けられました。「毎日の健康観察を通じて安心して保育園に預けられる場所。」を提供する大切さなどを伝えます。さっそく保育者第一歩を踏み出し取り組む新卒キャストたちの姿勢に思わず拍手を送りました。

そしていよいよお待ちかね、社会人1年目に悩みを相談しながら伴走してくれる先輩メンターとの交流の時間……新卒キャストの中には(どんな先輩なんだろう。)(優しい先輩ならいいな)と不安そうな表情の方もいました。と言うのもつかの間!優しいメンターの方で新卒者の気持ちに共感してくれ安心しました」との声や「不安を取り除いてくれ頑張りたいと更に思いました」など、とても前向きな交流会になりました。

ウェルカムキャンプも終盤に差し掛かり、副理事長の青木からの「二日間いかがでしたか?」との問いに対して「檸檬会の一員としての自覚をもち、4月から現場で働く姿を自分の中にイメージします」と新卒キャストからの熱い一言。そして新卒キャストが羽ばたく姿に感化されグッときている人事部の姿なども垣間見え、歓迎ムード最高潮でウェルカムキャンプ2021は幕を閉じました。

「最後に、檸檬会を選んでくれて本当にありがとう。」
新型コロナウイルスの影響もあり、予定調和とはいかない中、ピンチをチャンスに変えてきた檸檬会だからこそできる保育を、これからいっしょに盛り上げていきましょう!

一覧へ戻る

PAGE TOP