1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 新型コロナウイルスに関連した当法人の対応について

新型コロナウイルスに関連した当法人の対応について

社会福祉法人檸檬会(法人本部:和歌山県紀の川市、理事長:前田効多郎)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応として、レイモンドグループ全体の対応方針である対策マニュアルに基づき、園児、保護者、職員の安全を最優先に考え、1月25日(土)より次の対応を講じている事をお知らせします。

1.施設内での消毒
2.登園時の検温
3.通勤時のマスク着用の義務付け
4.全職員への手指消毒スプレー配布
5.体調不良の職員の自宅待機
6.行事、会議、研修、出張の変更・自粛

実施概要

1.施設内での消毒
・玄関・各保育室への消毒液や噴霧器の設置
・園児、職員ともに、うがい、液体石鹸による手洗いの実施
・頻繁な換気の実施
・トイレ、ドアノブ、手すり、玩具などの消毒の実施

2.登園時の検温
非接触型体温計を準備し、職員の勤務前の体温チェックを実施しております。
※施設が所在する市町村及びその隣接市町村で感染が確認された園は、玄関での全園児に対する非接触型体温計にて体温測定を実施しております。

3.通勤時のマスク着用の義務付け
公共交通機関による通勤者へのマスク(N95、N99またはサージカルマスク)着用の義務付けを行っております。しかし現在、マスクが入手しづらい状況が続く中、緊急措置として、マスク素材のガーゼでの対応も並行して行っている状況です。

4.全職員への手指消毒スプレー配布
檸檬会として、施設内の衛生環境の向上はもちろん、職員の安全確保のために、全職員が施設でも自宅でも使用できるようハンドウォッシュタイプの消毒スプレーを全職員への配布を行いました。職員は、勤務中に携帯するのはもちろんのこと、施設内や帰宅後においても、手指除菌や環境清拭など、日々の除菌作業に使用しています。

5.体調不良の職員の自宅待機
発熱等の風邪の症状が見られる場合は自宅待機。

6.行事、会議、研修、出張の変更・自粛
多くの方が集まる保育園での行事の対応について、入口に消毒スプレーを設置し、マスク着用、非接触体温計での来場者の検温実施(37.5度以上の場合参加不可)、人数の制限を行っての開催としております。また、不特定多数の方が出入りする施設での開催は会場の変更、公共交通機関の利用変更も行っております。
会議・研修につきましては、ウェブ会議への振替、または延期としております。なお予定しておりましたウェルカムキャンプ(新卒内定者対象の研修)は縮小しウェブ会議への振替とし、メンバーシップ研修、園交流、少数職種者会議につきましては延期と致しました。


会社概要

※2019年12月末現在

法人名:社会福祉法人 檸檬会(れもんかい)
代表者:理事長 前田 効多郎
法人本部:和歌山県紀の川市古和田240
設立:2007年2月
職員数:約1200人
事業内容:保育施設運営(認定こども園、認可保育園、認可小規模保育事業、公立保育園)、プリスクール運営、放課後児童クラブ事業、就労移行支援事業
URL:https://www.lemonkai.or.jp





「なんだろうのその先へ」を合言葉に、子どもにとっても大人にとっても主体的で対話的、そして深い学びのある環境の実現を目指している。



PAGE TOP